にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 アニメブログ 声優応援へ ビーズマニア

バンダイチャンネルロゴバナー(白)

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAMPドラマ『ホリック〜xxxHOLiC〜』 第7話 「 ひまわり 」の感想

Category : 邦画
×××HOLiC(10) (KCデラックス)×××HOLiC(10) (KCデラックス)
(2006/11/17)
CLAMP

商品詳細を見る

( ※ 上のリンクは原作単行本です。)

出演者

壱原侑子:杏
四月一日君尋:染谷将太
百目鬼静:東出昌大
九軒ひまわり:宮崎香蓮
女郎蜘蛛:安達祐実


監督

豊島圭介・継田淳


あらすじ 
オフィシャルサイトより引用)

"ひまわりには穢れた血が流れている"と聞かされ、動揺する四月一日に女郎蜘蛛の毒針が襲い掛かる。
ギリギリのところで百目鬼に助けられた四月一日だったが、侑子の待つミセに連れ帰られた頃には、既に瀕死の状態になり毒が全身を侵そうとしていた……。


劇場予告・CM動画

WOWOW 
オフィシャルサイトで各エピソードの予告動画が視聴できますよ!)



感想+メモ 

今回も原作の女郎蜘蛛とひまわりのエピソードのMIXって感じ。

前回の最後のほうで女郎蜘蛛から毒針(?)を刺された四月一日。
百目鬼がやって来て、2人を相手にするのが面倒臭くなった女郎蜘蛛は
いったん、2人を元の世界へ返す。

百目鬼&ひまわりが瀕死の四月一日を助けるために侑子の「客」となる。
(対価は百目鬼が「四月一日が流した分の血」、ひまわりが「四月一日の傷を受け負う」。)

対価を2人に返してやってくれと頼む四月一日をビンタ・平手打ちな侑子w
(感情的になるなんて急に人間くさいです。侑子さん・・・)
侑子いわく、四月一日は「わからなければならない事」があるらしい。

ひまわりが自分で自分の特徴(穢れた血)を四月一日に語るシーンは
四月一日の返答が自分的にはやっぱり愛情に見える。
それか依存・・・、この様子こそ “ホリック” なのかもしれない?

(「 君の笑顔が生き甲斐 」とか「君が笑うと幸せ」とかなんとか・・・
明日も一緒にお弁当を食べようと言ってました。) ※うろ覚え。

過去のシーンでは、子供に冷たい言葉ばかり言う神主はひどい・・・。
幼いひまわりがショックを受けて、そのまま希望を見出せないのもわかる気がする。
原作では文字だけだったので気にならなかったけど、映像で見ると
(家族にも残酷な内容なんだけども。)せめて、お祖母ちゃんにだけに言うとか
何かアドバイスやフォローしろよ・・・と思った。自己中な神主だ!


そこからまた少し原作と違い、ひまわりは四月一日を相手にせずミセを出て行く。
百目鬼はひまわりを送るけど「明日も一緒に・・・」系の言葉はかけない。
ひまわりが泣いてても 放置だし

ドラマの百目鬼くんは原作とは違うし、都合がいい脇役キャラって感じで
一貫性が無いように見えるので 魅力がいまいちわからない・・・。
次回は最終回。百目鬼くんに見せ場はあるのか!?

( おそらく 、自殺しようと )森林に向かうひまわりが女郎蜘蛛に捕まる。
シリアスなシーンにツッコミたくないけど、あの木にひまわりのリボンでは長さが足りないと思う・・・。
原作では別のキャラが女郎蜘蛛に捕まるので、それをひまわりに担当させて
女郎蜘蛛のエピソードを続けるっぽいですね。


女郎蜘蛛の安達祐実さんが安心の(?)悪女ぶり!
(でも、ちょっと安っぽい悪女。)
物静かな登場人物ばかりなので感情的な人がいると妙に安心します。

ドラマとしてちょっと退屈なのは物静かな人が多いからなのかな・・・?
もし、そうなら たまに四月一日や百目鬼が感情的になったり、暴力したりするのは
演出上の都合なのかな・・・とも思ったり。でも、そこが「原作と大きく違う」部分だと思う。

原作者は「女性」、ドラマ制作者は「男性」の違いでしょうか?
個人的に、原作の優しい部分が欠けてるように見えます。
欠けて良い時もあるんだろうけど、人間の脆さや優しさみたいな部分が魅力で
そこの配分のバランスが良い原作だと思うから違和感。


まあ、まだ1話残ってる!自分的な感想は見終わってからにしよう。





WOWOW 

チェック!

アイタイ (初回限定盤)アイタイ (初回限定盤)
(2013/04/10)
スガシカオ

商品詳細を見る


関連記事



















このブログの目撃者数

カテゴリー

ブログ内記事検索

↓タグも検索できます

カスタム検索

タグ

商品検索

閲覧に関しまして


当ブログを通して発生したいかなる損害に関しましても 管理人は一切の責任を負いません。

当サイトにリンクしている全ての動画はYou Tube内の投稿動画をお借りしております。
公式動画をお借りするように気をつけてはおりますが、たまに違法動画が混ざってる可能性もあるかと思いますので何らか問題にお気づきになられた際はこちらからご連絡頂くかYou Tubeに直接ご報告下さい。
記事下部に設置の拍手からもメッセージのご送信が可能です。 確認後、すみやかに対応させて頂きます。

レビュー補足用・引用・ブックマークの意味で使用しており、著作権・肖像権侵害を助長する目的は一切ございません。



当ブログはAmazonアソシエイトプログラムに参加しています。

このブログの語り手

エトワール

Author:エトワール
熱狂的・・・では無いけど、
海外スターも声優も好きです!
時間が許すかぎり、役者の生声&字幕と
吹き替えの両方で楽しんでます♪

月別アーカイブ

08  11  10  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  05  04  03  02  01  10  09  08  06  04  02  12  09  08  07  05  04  03  02  01  12  10  06  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04 

最新トラックバック

リンク

PR



海外映画フィギュア

キャラ&ホビー格安通販 あみあみ キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ キャラ&ホビー格安通販 あみあみ

BLISTER - ブリスター: World Characters Store

上に戻る!

クリックすると上へ戻れます♪

上へ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。