にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ にほんブログ村 アニメブログ 声優応援へ ビーズマニア

バンダイチャンネルロゴバナー(白)

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何をもって「自分」なのか?『 アイデンティティー 』(2003年)

Category : サスペンス映画
アイデンティティー [Blu-ray]アイデンティティー [Blu-ray]
(2010/08/25)
ジョン・キューザック、アルフレッド・モリーナ 他

商品詳細を見る


出演者

 ジョン・キューザック (藤原啓治)
 レイ・リオッタ (大塚芳忠)
 アマンダ・ピート (岡寛恵)
 ジョン・ホークス (横島亘)
 クレア・デュヴァル (佐藤ゆうこ)
 ジョン・C・マッギンリー (星野充昭)
 レイラ・ケンズル(?)
 アルフレッド・モリーナ (大滝寛)
 ホームズ・オズボーン (有本欽隆)
 レベッカ・デモーネイ (小山茉美)
 ウィリアム・リー・スロット(?)
 ジェイク・ビジー (楠大典)
 プルイット・テイラー・ヴィンス(?)
 ブレット・ローア(?)



監督

 ジェームズ・マンゴールド


あらすじ 
大雨のために寂れたモーテルに一晩泊まることになった11人の男女。
しかし、何者かによって次々と殺害されて行く・・・!


劇場予告・CM動画 


 ※ UK版です。


感想 

自分的評価:★★★★☆
   




感想+メモ

久しぶりに、自分好みの満足のいく映画に出会えた!
2003年の作品。こんな面白い映画を今の今まで知らなかったなんて!(>o<)

要所要所は推理できたし、当たっていた部分もあった。
でも、伏線が堂々と映し出されているのに最後の瞬間は全く予想できず!!
一見、なんでもなさそうな・・・完全にスルーしていた伏線の存在にまで
最後の最後に気付かされる!
細かい部分はどうでもいい!自分的に矛盾なんてなかった!そう思える映画だった。


映画の冒頭は精神科医が犯罪者の精神鑑定をおこなってる様子から映し出される。
連続殺人犯のようで精神は安定していない。
(最後まで観ると、ここで既に答えは出ていたように思える。病名も出るし。)
この殺人犯は死刑が決まっていたけど情緒不安定だとして再審議されることになる。


一方、それぞれの理由で大雨の中、行く道をふさがれてしまった10人。
全員は仕方なく 1人の男が経営しているモーテルに泊まることにする。
(“11人”はモーテルのオーナーを入れて11人。)

このモーテルの11人の様子は、目にした時は今の何?と
「?」となってしまう変な行動をする人や言葉を発する人がいるのだけど、
殺害事件が発生するので「犯人は誰!?」という謎のほうに自分の関心が行ってしまった!
伏線をしっかり見せられているのに見落す。
「アメリカ映画だから子供は死なない」という知識も持っていたのにやられた~!
(><)(小さな「?」の答えは最後に全て判明!)


殺害された人間のそばには必ずルームキーがあり、
生き残ってる人達はルームナンバーの数字がカウントしていることに気が付く。
数字的に殺害候補は犯人以外の全員ということに・・・!

犯人は誰なのか?モーテルの土地は先住民の墓があるから霊・・・!?
ひとりだけ超アヤシイ人物もいる!このひとは明らかに何か隠してるぞ!
あれ?主人公も結構アヤシイかも・・・・?この人の記憶か何か・・・?
推理しようとすればするほど、単純な答えから引き離されていっていたと思う。


しかも、この自分の推理が少しは当たっているもんだから
「この予想が近そうだ!」と勘違いしてミスリードへ・・・・・・!
自分のようなミステリーファンと最後に振り落とされた視聴者は結構いると予想w
スタッフはいろんな視聴者の思考を完全に計算していたとしか思えない!(><)
何も推理しなければ答えはすごくシンプルな映画だった。
遺体などがしっかり映る時があるので ( 映らない時もある。)グロ嫌いはご注意!



ここから下はネタバレ注意!


観終わって思ったことは、


女性の中で一番 華やかで優しく賢かったパリスは母親の良い部分。
理想の女性像なのかなーと思った。
『 綺麗で優しく賢い売春婦 』 は彼の母親の象徴に思える。

そして、エドは優しさや純粋さの象徴で
どんな母親だろうと母親を信じている「子供ごころ」みたいなものかなーと思った。
(男の子だから警察官に憧れていたのかもしれない。)
だから、パリスと気が合っていたし 惹かれあっていたのかなと思った。

ロードやジニーの夫などもパリスに興味を持っていた様子だったし
一方で、ラリーは何故か「娼婦」に反発する。
理想の女性・嫌いな女性として 全員がパリスに興味を持つのには納得できる。
アリス・ヨークもパリスと同種の存在だと思う。名前も似てるし


そう考えると、ジニー&ジニーの夫やジョージ・ヨークって
何の象徴なのだろう?

ジニーの夫はDVしそうな雰囲気から「父親」がモデルなのかなーと思った。
軽い男でもなければ、真面目な男でもなくて個人的によくわからない人だった。
彼が父親の事をよく覚えていないのかもしれない。

ロード&ロバートにはわかりやすい残虐性があり、
カロラインは女(母親や娼婦)の嫌な部分。

で、結局 本人は傷ついた子供のままだった・・・・と。
無口だから気付かれなかったのか
こりゃやられた!そして、映像かっこよすぎる!ワイルドタイプだったのか!


↑ こんな理由で、いろんな理由で何度も見返したくなる映画だった!

関連記事



















このブログの目撃者数

カテゴリー

ブログ内記事検索

↓タグも検索できます

カスタム検索

タグ

商品検索

閲覧に関しまして


当ブログを通して発生したいかなる損害に関しましても 管理人は一切の責任を負いません。

当サイトにリンクしている全ての動画はYou Tube内の投稿動画をお借りしております。
公式動画をお借りするように気をつけてはおりますが、たまに違法動画が混ざってる可能性もあるかと思いますので何らか問題にお気づきになられた際はこちらからご連絡頂くかYou Tubeに直接ご報告下さい。
記事下部に設置の拍手からもメッセージのご送信が可能です。 確認後、すみやかに対応させて頂きます。

レビュー補足用・引用・ブックマークの意味で使用しており、著作権・肖像権侵害を助長する目的は一切ございません。



当ブログはAmazonアソシエイトプログラムに参加しています。

このブログの語り手

エトワール

Author:エトワール
熱狂的・・・では無いけど、
海外スターも声優も好きです!
時間が許すかぎり、役者の生声&字幕と
吹き替えの両方で楽しんでます♪

月別アーカイブ

08  11  10  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  05  04  03  02  01  10  09  08  06  04  02  12  09  08  07  05  04  03  02  01  12  10  06  04  03  02  12  11  10  09  08  05  04 

最新トラックバック

リンク

PR



海外映画フィギュア

キャラ&ホビー格安通販 あみあみ キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ キャラ&ホビー格安通販 あみあみ
キャラ&ホビー格安通販 あみあみ キャラ&ホビー格安通販 あみあみ

BLISTER - ブリスター: World Characters Store

上に戻る!

クリックすると上へ戻れます♪

上へ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。